2017-2018年度製品総合カタログ
180/516

■圧力計の取付例■油圧ジャッキの負荷測定例●油圧ジャッキの負荷を圧力計で測定する場合の変換係数の計算方法変換係数(K)=C×AK:変換係数C:圧力計の校正係数A:ジャッキのシリンダの受圧面積F :ジャッキの最大負荷P:ジャッキの最大圧力(例)最大負荷3MN、シリンダの受圧面積500cm2のジャッキに圧力計を取り付け、変換係数を求める。      ジャッキの最大圧力(P)=  =     =60MPaジャッキの最大圧力が60MPaのため使用する圧力計はそれ以上の容量のものを選択します。ここではPWH-70MPA 容量70MPaを使用します。PWH-70MPAの校正係数 C=0.035MPa/1×10−6ひずみとすると  変換係数(K)=C×A=0.035×106×5×10−2=1.75×103NMN指示としますので  K=0.00175MN/1×10−6ひずみデータロガー(TDS-540)の設定は、メニュー[設定]から[設定1/2] センサモード 4GAGE[設定2/2] 係数/単位/表示桁/部分D  係 数:+0.00175 E+0   単 位:MN  表示桁:###.###  選択しないと整数表示のみ(######)となります。設定を確定し、メニュー画面に戻ると  係 数:1.75000E-3  単 位:MN  表示桁:###.###上記の設定状態が表示されます。FA3×1065×10−2パッキンの場合Oリングの場合パッキンOリング圧力計圧力計ポ ン プジャッキ入出力ケーブル圧力計PW-PAPWH-70MPA/-100MPAPWF-PBPWFC-PBPWF-PBPWFC-PBPW-PA圧力計圧力計データロガー圧力計圧力計変換器2179

元のページ 

page 180

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です