2017-2018年度製品総合カタログ
212/516

鉄筋構造物の鉄筋に加わる応力を測定します。現場で配筋の一部として両端を圧接、または結束線等で取り付けます。応力と温度が同時に測定できるため熱応力測定が可能です。配筋の径に合わせて選択してください。保護等級 IP 68相当鉄筋の応力を測定ひずみゲージ式測温機能内蔵■特長●測温機能付●長期間にわたり安定した測定が可能●熱応力測定が可能■鉄筋計の結線■仕様※上記以外の径の鉄筋計、オートクレーブ養生後の測定に対応した鉄筋計もご要求に応じられますので、お問い合わせください。■外観寸法図100異形鉄筋(D10〜D32)保護ケース入出力ケーブル1000φA型名使用鉄筋φA(mm)質量(kg)KSA-10AD10330.9KSA-13AD13361.3KSA-16AD16421.9KSA-19AD19472.6KSA-22AD22473.4KSA-25AD25534.3KSA-29AD29535.4KSA-32AD32626.6型名KSA-10AKSA-13AKSA-16AKSA-19AKSA-22AKSA-25AKSA-29AKSA-32A容量 300N/mm2重力系参考値3060kgf/cm2定格出力約2.2mV/V (4400×10-6ひずみ)非直線性1%RO測温機能 ひずみゲージ式 350Ω 1ゲージ法3線式 約50×10-6ひずみ/℃許容温度範囲-20~+80℃入出力抵抗350Ω推奨印加電圧6V以下許容印加電圧10V入出力ケーブルφ9mm 0.3mm2 5心シールドクロロプレンケーブル 2m 先端ばら線φ11.5mm 0.5mm2 5心シールドクロロプレンケーブル 2m 先端ばら線ひずみゲージ式測温機能内蔵型                 CH.1    CH.2 鉄筋計 KSA-A測定器上の任意の連続する2チャンネルに接続します。鉄筋計のケーブル心線の赤、黄、黒を必ず温度測定チャンネル CH.2側に接続し、A-A、C-C間は銅線で短絡します。ABCDEABCDE4G ひずみ1ゲージ法3線式350Ω  温度赤緑黄黒白シールド短絡短絡鉄筋計KSA-A 300N/mm2土木・建築用/鉄筋計KSA︲A変換器2211211変換器

元のページ 

page 212

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です