2017-2018年度製品総合カタログ
254/516

253変換器橋梁をはじめとする土木構造物において、垂直方向の変位量を測定する変位計です。不動点に設けた基準水槽との間を連通管で接続し、水槽内の水面を基準として変位量を測定します。変位計内部には、サーボ機構により常に水面を検出して追尾する検出子と、検出子の移動量を電気的に変換する回路を備えています。これらにより、構造物の変位は変位計に対する基準水面の相対変位として測定されます。測定には当社製データロガーが用いられ、多点の自動測定がおこなえます。基準水面の検出にサーボ機構を用い、さらに回路の安定性を高めたことにより、長期間にわたって安定した測定が可能です。(アレスタ内蔵)保護等級 IP 54相当橋梁の桁のたわみ量や盛土の沈下量を不動点に設けた基準水槽と連通管で接続した水槽の水面変化で測定■特長●優れた温度安定性●防滴構造●自動測定■仕様上記の他、特注品も製作致しますのでご相談ください。■外観寸法図型名KWL-100EKWL-200E容量 100mm200mm定格出力約1mV/V(2000×10-6ひずみ)非直線性0.5%RO許容温度範囲0~+50℃ (氷結を除く)入出力抵抗350Ω推奨印加電圧2V以下許容印加電圧10V入出力ケーブルφ9mm 0.5mm2 4心シールドクロロプレンケーブル 3m 先端ばら線)電源ケーブルφ9mm 0.75mm2 4心シールドビニールケーブル 3m 先端ばら線電源AC100V 50/60Hz 6VA MAX質量約4.0kg約5.5kg型名ABCDEφFGKWL-100E約3402005110049120100KWL-200E約4803407518085130200ABCDE325010φF取付ネジ穴4-M6 深10単管は取付イメージです。付属はしません。入出力ケーブル電源ケーブル水管プラグ水管バルブ基準水面エア管プラグ電源表示灯水位確認窓測定範囲(G)連通管式変位計KWL-E 100/200mmアレスタ内蔵土木・建築用/連通管式変位計KWL︲E

元のページ 

page 254

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です