2017-2018年度製品総合カタログ
416/516

車載計測システム車載計測システム自動車関連計測システム4415くるまのメカニズムでは動力部であるエンジンや電装部のメンテナンスをはじめとして駆動輪への効果的な動力伝達性、乗り心地を左右する走行安定性、走行を制御するブレーキ制動性など多数の計測項目があります。当社の計測システムは走行時における車載計測を下記のコンセプトでラインアップしており、レコーダやパソコンまでも含めたオールインワンシステムを構築できます。ご要望に応じてパワーウィンドウ開閉時用の荷重計なども製作しています。ハンドル部に取付けて操舵力(トルク)と操舵角を測定します。ブレーキペダル踏力を測定する荷重計です。ペダルを改造することなく簡単に装着できます。ドライブシャフト部に取付けデジタル送受信でトルクを測定します。ステアリングタイロッドに取付け引張や圧縮力を測定します。操舵力角計 HLA-A/HLB-A踏力計MLA-NA摩擦型トルクセンサシステムFGDH-2A/-3A摩擦型軸ひずみ計 FGAH-1B-R/-H車軸に取り付けた6分力荷重計(SLWシリーズ)からの信号を専用測定器(MFTシリーズ)で増幅し、デジタル値に変換します。デジタル変換した測定値を各分力間の相互干渉補正、センサの回転する影響をキャンセルする回転補正、モーメント位置補正をリアルタイムで演算補正し前後(Fx)左右(Fy)、上下(Fz)の荷重と各分力のトルク(Mx、My、Mz)をアナログ出力もしくはCFカードに記録できます。またデジタルテレメータ型モデルは高精度型にアップグレードし、これまでと同様に専用の受信機と併せて無線によるオールインワンシステムを構築できます。実車走行時の駆動トルクやブレーキ制動トルクをアナログ出力で測定できます。スリップリング内蔵モデルはエンコーダを内蔵しているので回転速度も測定できます。超小型送信機を内蔵したモデルは軽量で突出部がほとんどないので走行条件を乱すことなく測定ができます。車軸6分力荷重計 SLW-NC(スリップリング型) SLW-NE(デジタルテレメータ型)ホイールトルク計 LTW-ND(デジタルテレメータ型) LTW-NA(スリップリング型)●パワートレイン系(動力伝達性)●サスペンション系(走行安定性)●ブレーキ系ホイールトルク計LTWシリーズ車軸6分力荷重計SLWシリーズ車軸6分力荷重計SLWシリーズホイールアライメント計WAD/WAMホイールトルク計LTWシリーズ車軸6分力荷重計SLWシリーズ踏力計MLAホイールアライメント変位計 WAD主に車軸6分力荷重計(SLWシリーズ)と組み合わせて取付け、走行時におけるタイヤが路面から受ける直交3方向の変位量、キャンバー角およびステアリング角を測定できます。

元のページ 

page 416

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です