2017-2018年度製品総合カタログ
424/516

車軸に取付けたデジタルテレメータ型車軸6分力荷重計SLW-NEにより、タイヤが路面より受ける外力を直交3分力およびその3回りのモーメントで入力します。入力信号は荷重センサ内で増幅しデジタル変換した後、無線で受信機DT-24Rを経てMFT-306Tに送られます。受信データは各分力間の相互干渉補正、回転補正(XZ成分のみ)をデジタル演算します。6分力信号、タイヤ回転数または角度を前面パネル出力コネクタより電圧出力します。また前面パネルのCANコネクタより6分力信号タイヤの回転数、電池電圧をCAN出力します。設定やモニタはパソコンでおこない最大2台の車軸6分力測定器をコントロールします。コントロールソフトウェアが標準付属となっています。設定後、パソコンを外し単体での測定ができます。■特長●小型、軽量のため設置スペースを縮小●相互干渉、回転補正などを高速演算処理●6分力データ、タイヤ回転数信号を電圧出力●測定データは内蔵テレメータで無線転送●最大2台(4輪)コントロール車軸6分力測定器 MFT-306T■仕様コントロールソフトウェア MFT-7306T■仕様演算演算内容相互干渉、回転、オフセット位置回転数補正(Fy)相互干渉補正範囲±12.7%RO以下オフセット設定範囲-100~+200mm電圧出力出力車軸6分力、タイヤ回転数(角度)※1出力電圧車軸6分力回転数角度0~+5Vまたは-5~+5V(設定可能)+5V/2500rpm+3.59V/359度出力電流1mA(5kΩ負荷)出力確度±0.2%FSローパスフィルタ20、50、100Hz、PASS(ベッセル型)校正出力出力電圧出力確度0、2.5、5Vまたは-5、0、+5V±0.2%FSインターフェースUSB規格USB1.1機能測定条件の設定、モニタCAN規格ISO-11898-2準拠機能車軸6分力、タイヤ回転角度、送信部電池電圧表示LED電源状態、通信状態耐振性20m/s2(50Hz 0.6mmp-p)100m/s2(衝撃)使用温湿度範囲0~50℃ 85%RH以下(結露を除く)電源供給電圧消費電流DC 10~16V2A MAX外形寸法320(W)×60 (H)×220 (D)mm(突起部を除く)質量約3kg※1 回転数と角度の電圧出力は、設定による切替え方式です。6分力荷重計特性データ設定製造型名6分力荷重計型名を入力製造番号6分力荷重計製造番号を入力テレメータ送信機型名テレメータ送信機型名を入力テレメータ送信機製造番号テレメータ送信機製造番号を入力容量6分力荷重計容量を入力定格出力6分力荷重計定格出力を入力相互干渉6分力荷重計相互干渉補正値を入力スピード補正6分力荷重計スピード補正値を入力MFT-306測定条件設定出力電圧フルスケール200×10−6ひずみ相当〜容量に設定出力電圧シフト+フルスケール〜−フルスケールまで設定可能出力電圧±5V、0~5Vを選択ローパスフィルタ20、50、100Hz、PASSから選択rpm/angle 電圧出力タイヤ回転数/角度を選択タイヤ動荷重半径タイヤの動荷重半径を入力ホイールオフセットホイールのオフセット値を入力CAN設定CAN ID設定6分力測定器のCAN ID設定モニタサブモニタ表示サブモニタ表示のON/OFF、車輪位置を選択表示チャンネル任意の車輪、任意のチャンネルを表示可能表示内容Fx、Fy、Fz、Mx、My、Mz、SPEEDのモニタ値、±ピーク値を表示一覧リスト6分力荷重計の製造型名、製造番号、容量、定格出力、相互干渉補正値、フルスケール、シフト、ローパスフィルタ、タイヤの動荷重半径、ホイールオフセット、SPEED補正、CAN ID設定の表示印刷一覧リストの印刷システムボックス番号測定器のボックス番号を設定接続している測定器のボックス番号をチェック測定器の車輪位置車輪位置を選択バランス選択回転バランス、非回転バランスを選択単位選択モニタ表示単位(SI単位/重力単位)の選択シリアルポート選択パソコンのシリアルポートを選択バランス一輪バランス任意の車輪のバランス動作全輪バランス選択されているすべての車輪のバランス動作校正出力出力電圧+フルスケール出力、−フルスケール出力、0V出力から選択一輪校正出力任意の車輪の校正出力全輪校正出力選択されているすべての車輪の校正出力ピークリセット一輪ピークリセット任意の車輪の全チャンネル±ピーク値をリセット全輪ピークリセット選択されている車輪の全チャンネル±ピーク値をリセットデジタルテレメータ型車軸6分力計測システムデジタルテレメータ型車軸6分力計測システムデジタルテレメータ型車軸6分力計測システム自動車関連計測システム4423

元のページ 

page 424

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です