2017-2018年度製品総合カタログ
446/516

●○●○●○●○ □■□■□■□445特殊測定システム小型FWDシステム/オプションFWD-Light® KFD-100A/TC-351Fオプション 小型FWDシステム外部変位センサKFDS-1BFWD-Lightの増設用変位センサで、最大4台まで拡張接続できます。5mケーブル付属付加重錘 KFDF-11載荷板の直径に応じた規定の変位量が得られるように重錘の質量を変更します。KFDF-11-10(10kg用)KFDF-11-15(15kg用)*KFDF-11-15はKFDF-11-10と併用載荷板KFDF-31測定路盤、路床に応じて載荷板のサイズを変更できます。対象地盤材料の最大粒径に対して、3倍以上の直径をもつ載荷板を使用します。KFDF-31-90(φ90mm)KFDF-31-150(φ150mm)KFDF-31-200(φ200mm)KFDF-31-300(φ300mm)ゴムバッファKFDF-51ゴムバッファは落下重錘用の緩衝止め具です。経年劣化で破損した場合に交換します。携帯・収納アルミケースKFDF-21-1小型FWD本体や専用表示器、外部変位センサ(1台)携帯・収納アルミケースKFDF-21-2オプションの付加重錘や外部変位センサ、載荷板を収納し運搬するためのアルミ製ケースです。簡易校正装置KFDF-61現場にて本計測のデータを確認するための簡易校正装置です。小型FWD本体(KFD-100A、KFDT-100A)を載せ、荷重と変位を測定します。この測定データが校正器添付の荷重ー変位データとあっていることを確認します。キャリアKFDF-41FWD-Lightは可搬性に優れ、一定の時間に多くのデータを収録できます。キャリアKFDF-41はFWD-Light専用の移動器具で多点計測をより効率的に短時間でおこなえます。専用プリンタDPU-S245専用表示器TC-351F用の専用プリンタで、CFカードに記録したデータを印字することができます。専用のプリンタケーブルCR-4530(オプション)で接続します。記録紙TP-S245L-1(オプション)を使用します。RS-232CケーブルCR-5360専用表示器TC-351Fをパソコンと接続する専用ケーブルです。パソコン接続により計測・処理ソフトウェアTC-7100(オプション)を使用して波形表示ができます。プリンタ接続ケーブルCR-4530専用表示器TC-351Fと専用プリンタDPU-S245(オプション)を接続する専用ケーブルです。プリンタ用紙TP-S245L-1専用プリンタDPU-S245専用のロール型記録紙です。サイズ:58mm幅×19m長 10巻セット計測・処理ソフトウェアTC-7100FWD-Light、外部センサ(最大4台)をコントロールして、地盤反力係数(KTML)、変形係数(ETML)の計算、結果表示、波形データ表示、記録データ表示、CSV変換などができます。

元のページ 

page 446

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です