2017-2018年度製品総合カタログ
492/516

インターバル計測ソフトウェアVisual LOG Light TDS-700L/TDS-702Lインターバル計測/Visual LOG Lightソフトウェア6491Visual LOG® Light(ビジュアル・ログ®・ライト)は当社製デジタル静ひずみ測定器を使用して、計測・モニタアラーム等を制御するWindows用ソフトウェアです。インターフェースや計測機器の構成により、直接パソコンと接続するRS-232C/GP-IB用/LAN/USB、データメモリ転送対応と、それぞれ最適にアレンジしてあるため、豊富なアラーム機能とモニタ機能を有しながらも、即現場で使用できるように非常にわかりやすい操作性と高い安定性をもっています。Visual LOG Light ビジュアル・ログ・ライト        ●TDS-700L RS-232C/GP-IB/LAN/USB対応版●TDS-702L(for Modem-DM)データメモリ伝送■特長●3系統のタイマーで自動計測をカスタマイズ可能●3段階のアラーム機能を搭載●MS-Excelとリアルタイムにリンク、グラフィックも思いのまま●災害監視に最適な速度アラーム●市販の回転警告灯なども簡単に接続可能●リモートパワーコントロール機能にも対応●伸縮計等のデータから警戒状態を推測する速度アラーム搭載■計測システム■機能チャンネル条件設定名前、測定器設定条件、係数、ポイント、単位、アラーム条件計測条件TDS-700Lインターバル計測条件、計測チャンネル条件、イニシャル計測、盛替計測、マニュアル計測、フリー受信、駐在エクセル条件TDS-702Lインターバル設定、イニシャル測定、マニュアル転送、インターバル転送、駐在エクセル条件 (最大10台の測定器設定)数値モニタ最大10チャンネル、ウインドウの寸法に追従背景色設定自由グラフィックモニタMS-Excelを利用データファイル生成MS-Excel利用、CSVアラーム関係リレーユニット(パトライト社PHC-D08,PHC-100A)を経由回転灯などを駆動可ただし、測定系とは別にcomポート必要その他、警告音選択可OSTDS-700LMicrosoft Windows Vista(SP2)/7(SP1)/8/8.1/10TDS-702LMicrosoft Windows Vista(SP2)/7(SP1)/8従来の測定値に対する上下限の他、一定時間前のデータとの比較によるアラーム=速度アラームを搭載しました。一定時間αは1Hまたは24Hの切り替えとなります。◎速度アラーム測定インターバル時刻A−α時時刻B−α時α時間α時間変化量a変化量b時刻B時刻Aソフトウェア名:Visual LOG Light TDS-700Lソフトウェア名:Visual LOG Light TDS-702L for MODEM-DM回転灯回転灯リレー接点ユニットPHC-D08/-100AインターフェースUSBLANRS-232CGP-IB一般加入電話携帯電話衛星電話相互運用性モデム測定器測定器TDS-303TDS-300TDS-302TDS-530TDS-540TDS-303TDS-302TDS-530リレー接点ユニットPHC-D08/-100AパソコンモデムモデムパソコンTDS-150TDS-102TC-32KTC-31KTC-35NTDS-150TDS-102TC-32KTC-31KTC-35N

元のページ 

page 492

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です