2017-2018年度製品総合カタログ
84/516

ゲージパターン型  名ゲージ(mm)長さ  幅ベース(mm)長さ  幅抵抗値(Ω)83ひずみゲージ下記の要領で型名をご指定ください。 YHFLA -2 (-F) -3LJC (-F)リード線の無鉛はんだ対応ひずみゲージの無鉛はんだ対応ゲージ長ゲージシリーズ名リード線塑性域ひずみゲージYHFシリーズ使用温度範囲  −30〜+80℃適用接着剤CN-30~+80℃CN-Y-30~+80℃室温におけるひずみ限界 30~40%室温におけるひずみ限界が30〜40%の超大ひずみ測定用ひずみゲージです。弾性域および大ひずみの繰り返し測定には使用できません。また、オプション(-F)で無鉛はんだ仕様にも対応可能です。・ご注文は10枚単位で承ります。●単軸YHFLA-2YHFLA-5(╳3)(╳3)YHFLA-221.582.7120YHFLA-551.7113120塑性域ひずみゲージ/YHFシリーズ●YEF/YF/YHF シリーズの特性●接着剤についてゲージ接着後、長時間(数日以上)放置後に測定する場合の接着剤は、CN-Yをお勧めします。CN-Yにて接着剤した場合、1年後も大ひずみ測定が可能です。(試験体を室内で常温保管した場合)接着直後、または数時間以内に測定をする場合はCN接着剤で充分測定ができます。PointYEF/YF/YHF シリーズは、大ひずみの繰り返し測定には不向きです。※1:弾性域(約±1500×10−6ひずみ、15Hz)の繰り返し測定を行い、100×10‐6ひずみ以上に指示値が変化した回数。※2:大ひずみ(約±10000×10−6ひずみ、4min./cycle)の繰り返しによる指示値の変化とその回数。シリーズひずみ限界室温における疲労限界※1大ひずみの繰り返しによる指示値の変化※2自己温度補償用途YEF10〜15%5×105回2000×10−6ひずみ/10回×・10〜15%のひずみ測定 ・弾性域の繰り返し測定YF15〜20%1×102回2000×10−6ひずみ/10回×・15〜20%のひずみ測定YHF30〜40%2×104回―×・30〜40%のひずみ測定F5%1×106回400×10−6ひずみ/10回○・弾性域の繰り返し測定 ・5%までのひずみ測定YEF/YF/YHFシリーズ推奨 ひずみゲージ専用リード線(受注生産)TMLひずみゲージはお客様のご要望にお応えするために、数多くのひずみゲージ専用リード線を用意しております。組合せについての詳細は44~52頁を参照してください。使用目的品 名リード線の使用温度範囲(℃ )型 式 例一般測定(温度変化無し)平行ビニール線 LJC/LJC-F-20 〜+80YEFLA-2-3LJCYFLA-2-3LJC-30 〜+80YHFLA-2-3LJC一般測定3平行ビニール線 LJCT/LJCT-F-20 〜+80YEFLA-2-3LJCTYFLA-2-3LJCT-30 〜+80YHFLA-2-3LJCTリード線の種類と表記

元のページ 

page 84

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です