頻繁に尋ねられる質問

PRODUCTS製品・サービス一覧

塑性域ひずみゲージ 一覧表インデックス

  • YEFシリーズ 塑性域ひずみゲージ  (一覧表へ)
  • ひずみゲージYEFシリーズは、室温におけるひずみ限界が10〜15%の大ひずみ測定用のひずみゲージです。弾性域(ひずみレベル塑性域±1500×10-6)の繰り返し測定も一般ゲージ並に可能です。大ひずみの繰り返し測定には使用できません。
    ※接着後、長時間(数日以上)放置後に測定される場合の接着剤は、CN-Yをお勧めします。
     CN-Yにて接着した場合、一年後も大ひずみ測定が可能です。(試験体を室内で常温保管した場合)
    主な対象材料
    金属
    ベース材料
    特殊プラスチック
    使用温度範囲
    −20〜+80℃
    抵抗素子
    Cu-Ni系
    温度補償範囲
    室温におけるひずみ限界
    10〜15%
    (100000〜150000×10-6
    ひずみ)
    主な適用接着剤
    CN、CN-Y
    室温における疲労限界
    5×105
    (±1500×10-6ひずみ)

  • YHFシリーズ塑性域ひずみゲージ  (一覧表へ)
  • 塑性域ひずみゲージYHFシリーズは、室温におけるひずみ限界が30〜40%の超大ひずみ測定用ひずみゲージです。弾性域および大ひずみの繰り返し測定には使用できません。
    ※接着後、長時間(数日以上)放置後に測定される場合の接着剤は、CN-Yをお勧めします。
     CN-Yにて接着した場合、一年後も大ひずみ測定が可能です。(試験体を室内で常温保管した場合)
    主な対象材料
    金属
    ベース材料
    特殊プラスチック
    使用温度範囲
    −30〜+80℃
    抵抗素子
    特殊合金
    温度補償範囲
    室温におけるひずみ限界
    30〜40%
    (300000〜400000×10-6
    ひずみ)
    主な適用接着剤
    CN、CN-Y
    室温における疲労限界
    2×104
    (±1500×10-6ひずみ)

  • YFシリーズ 塑性域ひずみゲージ  (一覧表へ)
  • 塑性域ひずみゲージYFシリーズは、室温におけるひずみ限界が15〜20%の大ひずみ測定用ひずみゲージです。弾性域および大ひずみの繰り返し測定には使用できません。
    ※接着後、長時間(数日以上)放置後に測定される場合の接着剤は、CN-Yをお勧めします。
     CN-Yにて接着した場合、一年後も大ひずみ測定が可能です。(試験体を室内で常温保管した場合)
    主な対象材料
    金属
    ベース材料
    特殊プラスチック
    使用温度範囲
    −20〜+80℃
    抵抗素子
    Cu-Ni系
    温度補償範囲
    室温におけるひずみ限界
    15〜20%
    (150000〜200000
    ×10-6ひずみ)
    主な適用接着剤
    CN、CN-Y
    室温における疲労限界

このページのTOPへ