QUALIITY品質保証

品質方針

東京測器研究所は、「品質方針」を「信頼に応える製品づくり」と掲げ、常にお客様の視点に立った品質保証活動を展開しています。「製品」の概念には「製造物」だけでなく、営業活動、据え付けや計測業務、付帯サービス業務などを含め、お客様の信頼に応える製品を提供します。

ISO9001シリーズ認定取得

1997年1月に、ひずみ測定器部門で品質保証・品質管理の国際規格ISO9001を取得し、1999年1月には、変換器部門を認証取得範囲に含めました。更に2006年2月には、ひずみゲージ部門も認証取得範囲に加わりました。
東京測器研究所は、全社でISO9001の認証を取得することを目標とし、ISO9001の維持管理と認証取得の挑戦を続けて行きます。

トレーサビリティ体系

お客様へ納入する製品については製造工程における「品質の作りこみ」、検査では「作りこまれた品質の確認」を、また製品を抜き取り、耐環境性の試験などを行い、製品の「総合的な性能・機能が満足している」ことを確認しています。これら製造、検査、試験などに使用する計測器・治具の性能の維持、管理は、製品の性能、特に精度の保証をするうえで不可欠な項目です。
これら計測器・治具についてトレーサビリティ体系を定め、照合用標準器については国家標準に沿った公的機関などによる定期的な校正を行い、社内標準器についても社内における定期的な校正、点検を行い、計測器・治具の性能維持に努めています。

JCSS認定

認定番号0090

東京測器研究所校正事業室は「力」の認定事業者として認定されました(平成12年12月)。
JCSS認定事業者とは、計量法関連法規及びISO/IEC17025の要求事項に基づいて校正を実施する技術能力を有することを(独)製品評価技術基盤機構センターにより認定された者をいい、国家計量標準からトレーサブルであることを証明したJCSSロゴマーク付きの校正証明書を発行することができます。また平成17年10月には、当社の桐生工場校正事業室は国際MRA対応JCSS認定事業者として認定されました。0090は当桐生工場の認定番号です。これにより国際的な相互承認(MRA)への署名という形で表明され国際基準に適合していることが保証されます。

このページのTOPへ