SOLUTIONよくあるご質問 FAQ

計測ソフトウェア関連 FAQ

Visual LOG Windows版 全ソフトウェア共通(インストール時の問題)
  1. Windws2000,XPへインストールを行なう時、プログラムグループを選択した後のファイルコピーが開始されるタイミングで"Path or File Not Found."のエラーメッセージが表示され、インストールができません。
静的計測ソフトウェア TDS-7130
  1. HASPキーを認識しません。(計測パネル表示時に"HASP Not Found."メッセージが出力される。)
動的計測ソフトウェア DC-7630
  1. 「プログラムの追加と削除」の一覧にDC-7630が2つ表示されます。
  2. DC-204R/Raを認識できません。
動的計測ソフトウェア DRA-7630
  1. DRA-30Aが認識しません。
  2. DRA-30AをUSB接続で使用したときに、パソコンによって通信中に通信エラーが発生します。
  3. 「プログラムの追加と削除」の一覧にDRA-7630が2つ表示されます。
動ひずみデータ収録ソフトウェア DRA-7610
  1. モニタリング時のすべてデータをグラフに表示したい。
  2. 電圧入力のバランスをとりたい。
  3. パソコンが測定データ取り込み中にフリーズしてしまいました。
  4. 測定データを取り込んで測定データをリストで確認したら、A/D変換設定で指定したRecord Word(データ数)とは違う測定データ数でした。
  5. DRA-10Aを接続して、計測が行なえません。
  6. GP-IBエラーが発生します。
  7. DRA-101AをGP-IBインターフェースで接続し、計測を開始しようとするとエラーが発生します。
  8. RS-232Cエラーが発生します。
  9. A/D変換設定で、サンプリングを0.9msec以下に設定した場合に[計測]−[開始]メニューを実行すると"Error Code=6"とメッセージが表示され、計測画面が表示されません。
頻度解析・処理ソフトウェア HR-7610
  1. アンプ入力設定をHR-908Aに書き込み、計測後HR-908Aからアンプ入力設定を読み込むと、ヒステリシス値が書き込んだ値と異なっていました。設定通りに計測は行なえませんか。
USB インターフェイス
  1. USBで測定器をパソコンに接続したが認識しません。
GP-IB インターフェイス
  1. GP-IBエラーが発生します。
  2. Windows2000でPCI-GP-IBインターフェースを介して測定器にコマンドを送信すると画面が青くなってパソコンを再起動してしまいます。
RS-232Cインターフェース
  1. RS-232Cエラーが発生します。
  2. USB-シリアル変換ケーブルを使い動かしたいが、うまく動きません。
HASPキー
  1. 東芝製ノートパソコン(Dynabookシリーズ)でパラレルポートタイプHASPキーを認識しません。(ソフトウェア起動時に"HASP Not Found."メッセージが出力される。)
  2. USBタイプHASPキーを認識しません。
Windows
  1. 計測ソフトウェアはWindows7に対応していますか。


計測ソフトウェア関連 Answer

Visual LOG Windows版 全ソフトウェア共通(インストール時の問題)
  1. Windws2000,XPへインストールを行なう時、プログラムグループを選択した後のファイルコピーが開始されるタイミングで"Path or File Not Found."のエラーメッセージが表示され、インストールができません。
    A.
    Windows2000,XPにダブルバイト文字(漢字、全角英数字など)を使用したユーザー名でログインしていると、このようなエラーが発生する場合があります。回避策として、ダブルバイト文字を含まないユーザー名でログインしてください。

このページのTOPへ


静的計測ソフトウェア TDS-7130
  1. HASPキーを認識しません。(計測パネル表示時に"HASP Not Found."メッセージが出力される。)
    A.
    TDS-7130は、自動的にHASPドライバはインストールされません。手動でインストールする必要があります。
    インストール方法は、取扱説明書の"第1章セットアップ 6.HASPドライバのインストール"をご覧ください。

このページのTOPへ


動的計測ソフトウェア DC-7630
  1. 「プログラムの追加と削除」の一覧にDC-7630が2つ表示されます。
    A.
    DC-104R/Raを使用していたパソコンでDC-7630を使用する場合は、取扱説明書2-2測定器ドライバの更新(1-8頁)を参照して、新しいドライバを使用してください。

  2. DC-204R/Raを認識できません。
    A.
    DC-104R/Raを使用していたパソコンでDC-7630を使用する場合は、取扱説明書2-2測定器ドライバの更新(1-8頁)を参照して、新しいドライバを使用してください。

このページのTOPへ


動的計測ソフトウェア DRA-7630
  1. DRA-30Aが認識しません。
    A.
    バージョン1.2より前のバージョンを使用していたパソコンでバージョン1.2以上のバージョンを使用すると、DRA-30Aを認識することができません。取扱説明書のドライバの更新をお読みください。
  2. DRA-30AをUSB接続で使用したときに、パソコンによって通信中に通信エラーが発生します。
    A.
    電源に接続して使用するUSBハブ(セルフパワー対応)にDRA-30Aを接続して使用してください。

  3. 「プログラムの追加と削除」の一覧にDC-7630が2つ表示されます。
    A.
    本ソフトウェアのバージョン1.1.3以下が既にインストールされているパソコンへ、バージョン1.1.4以降のソフトウェアをセットアップした場合に発生します。[コントロールパネル」から「プログラムの追加と削除」を起動し、一覧に表示されているDRA-7630を削除してから新しいバージョンのセットアップを実行してください。

このページのTOPへ


動ひずみデータ収録ソフトウェア DRA-7610
  1. モニタリング時のすべてデータをグラフに表示したい。
    A.
    取り込みモード設定の"Keep Monitor Data"を"ON"にします。


  2. 電圧入力のバランスをとりたい。
    A.
    取り込みモード設定の"Balance of Voltage"を"ON"にします。

  3. パソコンが測定データ取り込み中にフリーズしてしまいました。
    A.
    取扱説明書の"マニュアル受信"をご覧ください。
    取り込めなかった測定データを手動で取り込むことができます。

  4. 測定データを取り込んで測定データをリストで確認したら、A/D変換設定で指定したRecord Word(データ数)とは違う測定データ数でした。
    A.
    測定器のデータメモリの容量以上の設定を行なった場合に、このような症状が発生します。測定器の取扱説明書の"8-7.データメモリ"(DRA-101シリーズ)、"6.2.6 データメモリの設定"(DRA-107A)をご覧ください。

  5. DRA-10Aを接続して、計測が行なえません。
    A.
    DRA-7610は、DRA-10Aには対応しておりません。

    このページのTOPへ


  6. GP-IBエラーが発生します。
    A.
    測定器背面の"GPIB MODE"スイッチが"ADDBL."に設定されていないとエラーが発生します。このスイッチを"ADDBL."に設定し、測定器の電源を再投入してください。
    (DRA-107Aにはこのスイッチはありません。)

  7. DRA-101AをGP-IBインターフェースで接続し、計測を開始しようとするとエラーが発生します。
    A.
    パソコンーのOSがWinNT,2000,XPの場合、DRA-7610でGP-IBインターフェースを介してDRA-101Aの制御を行うと通信が不安定になる可能性があります。また、CPUの速度が速い場合にも同様の症状がでる場合があります。その際は、GP-IBのバスタイミングを遅くすることによって回避できる可能性があります。

  8. RS-232Cエラーが発生します。
    A.
    測定器背面の"GPIB MODE"スイッチが"LOCAL"に設定されていないとエラーが発生しますこのスイッチを"LOCAL"に設定し、測定器の電源を再投入してください。

  9. A/D変換設定で、サンプリングを0.9msec以下に設定した場合に[計測]−[開始]メニューを実行すると"Error Code=6"とメッセージが表示され、計測画面が表示されません。
    A.
    回避方法は、コントロールパネルの[地域]の[数値]タブをクリックし、「0の表示」を'0.7"に変更します。
    これはサンプリングの設定で、Dynamic Strain Meterは".7"という表現に対応していないために発生する症状です。

このページのTOPへ


頻度解析・処理ソフトウェア HR-7610
  1. アンプ入力設定をHR-908Aに書き込み、計測後HR-908Aからアンプ入力設定を読み込むと、ヒステリシス値が書き込んだ値と異なっていました。設定通りに計測は行なえませんか。
    A.
    HR-908Aのフルスケールとヒステリシスはひずみ値でのみ設定できます。アンプ入力設定で物理量で設定した場合にひずみ値変換計算の丸め誤差により、このような症状が発生する場合があります。しかし、ひずみ量としてのズレはありませんので、正しく計測されています。

このページのTOPへ


USB インターフェイス
  1. USBで測定器をパソコンに接続したが認識しません。
    A.
    Windows7ではドライバーインストールウィザードが無くなりました。 USB接続の測定器をパソコンに接続するには、USBドライバをインストールする必要があります。
    USBドライバは32bit OS対応となります。
GP-IB インターフェイス
  1. GP-IBエラーが発生します。
    A.
    以下の様な何通りかの原因が考えられます。
    • パソコンがGP-IBインターフェースを認識していない場合に発生します。デバイスマネージャでGP-IBインターフェースが正しく認識されているかご確認ください。正しく認識されていない場合は、GP-IBボードが正しく接続されているか、またはGP-IBドライバが正しくインストールされているかご確認ください。
    • GP-IBの設定(アドレスとデリミタ)がソフトウェアと測定器とで異なっている場合に発生します。設定をご確認ください。
    • インストールされているGP-IBドライバのバージョンがOSに対応していない可能性があります。National Instruments社のホームページでご確認ください。(GPIBドライバ リンク)
    • GP-IBインターフェースが破損している可能性があります。ご確認の上、GP-IBインターフェースを交換してください。
    • GP-IBケーブルが断線している可能性があります。ご確認の上、GP-IBケーブルを交換してください。
      接続確認方法
      Measurement & Automationを起動し、測定器のスキャンを実行してください。接続している測定器を認識しているかご確認ください。


  2. Windows2000でPCI-GP-IBインターフェースを介して測定器にコマンドを送信すると画面が青くなってパソコンを再起動してしまいます。
    A.
    これは、GP-IBドライバのバグで、National Instruments社のホームページに回避方法が記載されています。

このページのTOPへ


RS-232Cインターフェース
  1. RS-232Cエラーが発生します。
    A.
    以下の様な何通りかの原因が考えられます。
    • RS-232Cケーブルが指定のシリアルポートに正しく接続されていない場合に発生します。シリアルポートをご確認ください。
    • RS-232Cの設定(転送速度、データ長、パリティ、ストップビット、デリミタなど)がソフトウェアと測定器とで異なっている場合に発生します。設定をご確認ください。
    • 接続ケーブルがストレートケーブルの場合に発生します。クロスケーブルに交換してください。
    • シリアルポートが破損している可能性があります。ご確認の上、他のポートをご使用ください。
    • RS-232Cケーブルが断線している可能性があります。ご確認の上、RS-232Cケーブルを交換してください。
      接続確認方法
      ハイパーターミナルを起動し測定器と通信できるか確認します。

  2. USB-シリアル変換ケーブルを使い動かしたいが、うまく動きません。
    A.
    ブレークスルーに対応した測定器でリセットがかかりっぱなしになる現象です。
    これは最近のパソコンでは省電力設計ということでRSを使用しないときは電圧出力が不定なため起きるようです。一部のメーカーの変換ケーブルもこの仕様と思われます。
    弊社で正常な動作を確認したUSB-シリアル変換ケーブルはI/O DATA社製のUSB-RSAQ5です。

このページのTOPへ


HASPキー
  1. 東芝製ノートパソコン(Dynabookシリーズ)でパラレルポートタイプHASPキーを認識しません。(ソフトウェア起動時に"HASP Not Found."メッセージが出力される。)
    A.
    東芝製ノートパソコンのパラレルポートは、出荷時に"ECP(Extended Capabilities Port)モード"に設定してあります。当社のHASPキーはECPモードでは正常に動作しない場合があります。そのような場合は、パラレルポートを"双方向(Standard Bi-Directional)モード"に変更する必要があります。
    コントロールパネルのToshiba Hardware Setupにて変更してください。

  2. USBタイプHASPキーを認識しません。
    A.
    USBタイプHASPキーを接続した状態でパソコンを起動すると認識しない場合があります。これを回避するには、以下の手順で作業してください。
    • USBタイプHASPキーを接続した状態で、デバイスマネージャにて"ユニバーサル シリアル バス コントローラ"の"Aladdin USB Key"を削除します。
    • パソコンを終了させます。
    • USBタイプHASPキーを外し、再度パソコンを起動します。
    • 起動したらUSBタイプHASPキーを接続します。
    • 自動的にUSBタイプHASPキーを認識します。

このページのTOPへ