SOLUTIONTMLオリジナル技術と製品

1ゲージ4線式ひずみ測定方法
モジュラープラグによるワンタッチ接続、リード線の影響が無い

独自の新技術で、ゲージ抵抗と基準抵抗による直列回路の構成でひずみを測定します。4本のリード線を用いることでリード線抵抗や接触抵抗による誤差をなくします。また、モジュラープラグによるワンタッチ結線作業で大幅な効率化ができます。リード線の延長や測定点数の増設もモジュラープラグにより簡単におこなえ、補正計算は不要です。

1ゲージ4線式ひずみ測定法とは

ひずみゲージ測定には使用するひずみゲージの枚数や測定の目的に 応じて各種の結線方法が用いられています。 1ゲージ法ではリード線抵抗の温度影響をなくすために1ゲージ法3線式が広く用いられています。 しかしリード線抵抗によるゲージ率の補正や接続部の接触抵抗の変 動などによる測定誤差が生じていました。 当社開発の1ゲージ4線式ひずみ測定法は4本のリード線を用いるこ とでリード線抵抗によるゲージ率の補正や接触抵抗による測定誤差 が生じない新方式のひずみ測定方法です。

特許取得済
  • リード線の影響を完全補正
    感度低下、温度影響がありません。
  • モジュラープラグによるワンタッチ結線
    結線作業が大幅に効率化できます。
  • 対応TMLスイッチボックス IHW-50G/ISW-50G/SSW-50D/SSW-10F/SSW-13R/FSW-10
    モジュラーコネクタ(レセプタクル)を装備したTMLスイッチボックスです。またTMLデータロガーTDS-530/-630の内蔵TMLスイッチボックスもモジュラーコネクタを標準搭載しています。

詳細資料

このページのTOPへ