加速度計の概要と使用例

加速度計

加速度計は車輌、機械、構造物などに加わる加速度や振動を検出し電気的に変換します。一般的な機械、構造物の加速度や振動の測定、衝撃的加速度の測定のほか、2方向、3方向の加速度を同時に測定できるタイプや、水中や屋外での使用を目的とした防水型が用意されています。いずれもDCレベルからの測定が可能です。検出素子として特性のよい変換器専用のひずみゲージを使用していますので、安定した精度の高い測定が可能です。

負荷時における出力の極性

ひずみ測定器の測定値は、加速度計が「+」矢印の向きに加速する時にはプラスの向きに、「-」矢印の向きに加速する時にはマイナスの向きに動きます。

周波数特性の一例

グラフ

加速度計は温度によって周波数と出力感度の関係(周波数特性)が変化します。当社の加速度計は、+23℃における出力感度がDCレベルに比較して±5%以内である周波数を応答周波数としています。

加速度計の使用例

自動車各部の振動加速度 

自動車各部の振動加速度

斜張橋のケーブル張力 

斜張橋のケーブル張力

構造物における振動加速度 

構造物における振動加速度

大型構造物における振動実験 

大型構造物における振動実験