波形表示

波形表示ソフトウェア WF-7630

当社製測定器DH-14A、TMR-311、TMR-211、DC-204R、ソフトウェア RD-7640、DS-750、RD-7300、TFM-7104、DC-7004P、DRA -7162、TMR -7630、DC-7630、DC-7204により出力されたDADiSP形式の測定データを一覧および波形表示するソフトウェアです。データ再計算、データファイルの結合・切り出し・間引き・CSV変換のほか、最大値・最小値、FFT解析、拡張チャンネルによる演算とグラフ(X-Y、T-Y、スペクトル)の作図をおこなうソフトウェアです。

波形表示ソフトウェア WF-7630
特長
  • DADiSP形式の多くの測定器、ソフトウェアに対応
  • フリーランによる分割データファイルを結合
  • データファイルの管理、結合、切り出し、間引きが可能
  • データファイルのCSV変換時に範囲選択、間引きが可能
  • グラフウィンドウに複数のグラフや画像オブジェクトを配置可能
  • グラフデータの画像保存、グラフの値をCSVファイル保存が可能
  • RD-7630-Mで収録された波形データとビデオの連動が可能
  • 頻度データの作図が可能(波形データの頻度処理にはオプションのWF-7630-Hが必要です)
  • システムの構成

    OS/パソコン

    OS  Microsoft Windows  7(SP1)/8/8.1/10
    パソコン 上記のOSが動作する機種、CDドライブ
    プロテクトキー WF-7630-H使用時、頻度処理機能を使用するにはUSBドングルが必要です。

オプション

WF-7630-H(頻度処理)

頻度解析条件を設定し、波形データの頻度解析が行えます。S-N解析条件を設定し、疲労寿命の推定(S-N解析)が行なえます。

頻度解析 極大値/極小値法、最大値/最小値法、振幅法、時間法、レベル
クロッシング法、レインフロー法の6種類の解析法を用いて、
波形データの頻度処理が行えます。
頻度解析条件 頻度解析方法のほか、フルスケール、ヒステリシス、 スライス数などの条件が設定できます。
連続頻度解析 波形データファイル一覧から複数のファイルを選択し、連続して頻度解析が行えます。
頻度加算 頻度データファイル一覧から複数のファイルを選択し、頻度データの値を合計できます。
頻度グラフ 頻度データのグラフが表示できます。
S-Nカーブリスト S-N解析に用いるS-Nカーブの作成、編集、削除、S-Nカーブライブラリヘの登録が行えます。
S-N解析 S-Nカーブと頻度データを用いて、疲労寿命の推定が行えます。
S-Nカーブライブラリ S-Nカーブの管理が行えます。