テレメータシステム

デジタルテレメータシステム DT-041T/DT-041R-1

本システムは、従来品DT-031より応答性を向上させた送信機および受信機から構成されます。デジタル方式であるためキャリブレーションが不要で校正された電圧が出力されます。送信機DT-041Tは本体の小型化に加え、無線帯域315MHz(微弱無線設備)を採用することにより、送受信アンテナ設備を含めたシステム全体の小型化が可能です。電源には電池のほか誘導給電(給電システムはオプション)による連続給電も可能です。受信機は小型でかつ操作を簡素化しています。

デジタルテレメータシステム DT-041T/DT-041R-1
特長
  • 無線帯域315MHz(微弱無線設備)

デジタルテレメータ送信機 DT-041T

  • ひずみデータと送信機電源電圧データをデジタル化して送信
  • 小型・軽量(35(W)×10.5(H)×15(D) 約18g)
  • 誘導給電による駆動が可能(オプション)。

デジタルテレメータ受信機 DT-041R-1

  • 測定データをレコーダなどの記録器に出力可能
  • 小型(48(W)×21.5(H)×100(D))
  • 仕様

    型名 DT-041T 送信機
    測定対象 ひずみゲージ式変換器
    測定点数 ひずみ 1点
    適用ゲージ抵抗 4ゲージ 120~1000Ω
    ブリッジ電圧 2V
    測定範囲

    ±16000×10-6ひずみ

    分解能

    1×10-6ひずみ

    測定確度 ±0.2%FS
    サンプリング周波数 100μs (10kHz)
    アナログフィルタ特性 遮断特性 2kHz ー(3dB±1dB)
    3次バタワース型
    零安定度 0.8×10-6ひずみ/℃
    感度安定度 0.03%/℃
    型名 DT-041R-1 受信機
    電圧出力範囲 ±5V
    ローパスフィルタ 500Hz、100Hz、PASS(2kHz)
    電源 DC10~16V (ACアダプタ CR-1867)

デジタルテレメータシステム DT-031T/DT-031R-1

本システムは移動体や回転体など、有線による測定が不可能な対象物のひずみ測定のために開発されたテレメータシステムです。システムは送信機、受信機から成ります。送信機DT-031Tは本体の小型化に加え、無線帯域315MHz(微弱無線設備)を採用することにより、送受信アンテナ設備を含めたシステム全体の小型化が可能です。電源には電池のほか誘導給電(給電システムはオプション)による連続給電も可能です。受信機は小型でかつ操作を簡素化しています。また、TMR-252テレメータI/Fユニットと専用ケーブルCR-6801で接続することで、ひずみ値と送信機電源電圧をデジタル値で収録できます。

デジタルテレメータシステム DT-031T/DT-031R
特長
  • 無線帯域315MHz(微弱無線設備)
  • TMR-200シリーズとの組合せで、測定データのファイル化が容易

デジタルテレメータ送信機 DT-031T

  • ひずみデータと送信機電源電圧データをデジタル化して送信
  • 小型・軽量(35(W)×10.5(H)×15(D) 約18g)
  • 誘導給電による駆動が可能(オプション)。

デジタルテレメータ受信機 DT-031R-1(電圧出力タイプ)

  • 測定データをレコーダなどの記録器に出力可能
  • ACアダプタ(CR-1867)により電源供給
  • TMR-252接続時は専用ケーブルCR-6801にてデジタル値でデータ通信
  • 小型(48(W)×21.5(H)×100(D))
  • 仕様

    型名 DT-031T 送信機
    測定対象 ひずみゲージ式変換器
    測定点数 ひずみ 1点、電源電圧 1点
    適用ゲージ抵抗 4ゲージ 120~1000Ω
    ブリッジ電圧 2V
    測定範囲

    ±10000×10-6ひずみ

    分解能

    1×10-6ひずみ

    測定確度 ±0.2%FS
    サンプリング周波数 500μs (2kHz)
    応答周波数 DC~200Hz(-3dB±1dB)
    零安定度 0.8×10-6ひずみ/℃
    感度安定度 0.03%/℃
    型名 DT-031R 受信機/DT-031R-1 受信機(電圧出力機能付き)
    電圧出力範囲 ±5V
    ローパスフィルタ 30Hz、100Hz、PASS(200Hz)

小電力デジタルテレメータシステム DT-121T/DT-181R

本システムは2.4GHzの高度化小電力無線モジュールを使用した動的測定向けのテレメータシステムです。ひずみ測定送信機DT-121Tと受信機DT-181Rで構成されています。高度化小電力データ通信ではより高速にデータを伝送できるため従来は乗用車のドライブシャフトの近傍に限定されていた設置が大きな対象物や移動範囲が大きいなど送受信間の距離が離れている場合でも測定ができます。また、この通信仕様は世界的な無線通信の統一規格となっているため、認証を取得すれば海外でもご利用いただけます。

小電力デジタルテレメータシステム DT-121T/DT-181R
特長
  • 2.4GHz小電力データ通信
  • 5kHzサンプリング
  • 測定範囲は±5000、±10000、±25000×10-6ひずみより選択
  • ひずみ電圧出力は校正済みのためキャリブレーション不要
  • 送信機はアンテナ内蔵
  • 仕様

    型名 DT-121T 送信機 DT-121T-(1) 送信機 DT-121T-(2) 送信機
    測定対象 ひずみゲージ、ひずみゲージ式変換器
    測定点数 ひずみ 1点
    適用ゲージ抵抗 4ゲージ 120~1000Ω
    ブリッジ電圧 2.0V±8%
    測定範囲 ±25000×10-6ひずみ ±5000×10-6ひずみ ±10000×10-6ひずみ
    分解能 1×10-6ひずみ
    測定確度 ±0.2%FS
    サンプリング周波数 200μs (5kHz)
    零安定度 0.8×10-6ひずみ/℃
    感度安定度 0.01%/FS/℃
    外形寸法 45(W)×11(H)×31(D)mm
    質量 約17g
    型名 DT-181R 受信機
    無線仕様 2.4GHz帯高度化小電力データ通信準拠
    電圧出力範囲 ±5V
    ローパスフィルタ 100Hz、500Hz、PASS(1kHz)、(-3dB±1dB)
    外形寸法 48(W)×23.5(H)×100(D)mm (突起部を除く)
    質量 約140g
    電源 DC9~16V (ACアダプタ CR-1867)