圧縮センターホール型ロードセル

圧縮センターホール型荷重計 KCE-NA 500kN~2MN

各種のアンカー工法におけるロッド、ストランドの緊張力管理の目的で使用されるセンターホール型荷重計(ロードセル)です。ある程度の偏心荷重に対しても安定した測定値が得られます。
熱電対を内蔵した測温機能付もあります。

保護等級 IP 67相当

圧縮センターホール型荷重計 KCE-NA
特長
  • 防滴構造
  • 偏心荷重の影響が小さい
  • 仕様

    型名 容量 定格出力 非直線性 許容温度範囲
    KCE-500KNA 500kN 1.25mV/V
    (2500×10-6ひずみ)±10%
    0.5%RO -20~+70℃
    KCE-1MNA 1MN
    KCE-1.5MNA 1.5MN
    KCE-2MNA 2MN

    出力極性

    測定値は圧縮力の増加に対してマイナス方向に動きます。

圧縮センターホール型荷重計 KCK-NA 500kN~1MN

VSL永久アンカー工法など各種のアンカー工法におけるロッド、ストランドの緊張力管理の目的で使用されるセンターホール型荷重計(ロードセル)です。既設アンカーのリフトオフ試験・モニタリング用に適しています。

本システムは、(独)土木研究所と民間8社による共同研究「既設アンカーへの取付け・交換が容易な新型アンカー荷重計の開発」(H18.11~H21.9)にて開発したものです。

保護等級 IP 67相当

圧縮センターホール型荷重計 KCK-NA
特長
  • Aki-Mos(既設アンカー緊張力モニタリングシステム)対応荷重計
  • 薄型
  • 軽量
  • 仕様

    型名 容量 定格出力 非直線性 許容温度範囲
    KCK-500KNA 500kN

    1.25mV/V
    (2500×10-6ひずみ)±10%

    1%RO -30~+70℃
    KCK-1MNA 1MN

    出力極性(注意)

    本荷重計の出力極性は、圧縮力の増加に対してプラス極性へ変化します。

圧縮センターホール型荷重計 KCM-NA 10kN~5MN

円筒形の起歪部にひずみゲージを取付けた荷重計(ロードセル)です。用途としては主にPC鋼棒やアースアンカの緊張力の測定、引抜き試験、タイロッドの軸力測定などに使用されています。とくに現場での測定に最適です。

保護等級 IP 67相当

圧縮センターホール型荷重計 KCM-NA
特長
  • 防滴構造
  • 小型で取扱いが簡単
  • 仕様

    型名 容量 定格出力 非直線性 許容温度範囲
    KCM-10KNA 10kN

    1.5mV/V
    (3000×10-6ひずみ)±20%

    0.5%RO -20~+70℃
    KCM-20KNA 20kN
    KCM-50KNA 50kN

    1.5mV/V
    (3000×10-6ひずみ)±10%

    KCM-100KNA 100kN
    KCM-200KNA 200kN
    KCM-300KNA 300kN
    KCM-500KNA 500kN
    KCM-1MNA 1MN
    KCM-2MNA 2MN 1%RO
    KCM-3MNA 3MN
    KCM-5MNA 5MN

    出力極性

    測定値は圧縮力の増加に対してマイナス方向に動きます。

圧縮センターホール型荷重計 CLC-NA 50kN~5MN

円筒型の起歪部にひずみゲージを取付けたセンターホール型の荷重計(ロードセル)です。アンカの引き抜き試験や研究室などの実験に使用されます。

保護等級 IP 65相当

圧縮センターホール型荷重計 CLC-NA
特長
  • 高精度
  • 小型で取扱いが簡単
  • 仕様

    型名 容量 定格出力 非直線性 許容温度範囲
    CLC-50KNA 50kN

    1.5mV/V
    (3000×10-6ひずみ)±0.5%

    0.3%RO -20~+70℃
    CLC-100KNA 100kN
    CLC-200KNA 200kN
    CLC-300KNA 300kN
    CLC-500KNA 500kN 0.5%RO
    CLC-1MNA 1MN
    CLC-2MNA 2MN
    CLC-3MNA 3MN
    CLC-5MNA 5MN

    出力極性

    測定値は圧縮力の増加に対してマイナス方向に動きます。

圧縮センターホール型荷重計 KCC-NA 200kN~1MN

フランジのついたセンターホール型の荷重計(ロードセル)です。センターホール径を大きく、背丈を低くしたのでほぼ全てのアンカー工法に使用することができます。ある程度の偏心荷重でも安定した測定ができます。

保護等級 IP 67相当

圧縮センターホール型荷重計 KCC-NA
特長
  • 大きなセンターホール径
  • 上下フランジ付
  • 偏心荷重の影響が小さい
  • 防滴構造
  • 仕様

    型名 容量 定格出力 非直線性 許容温度範囲
    KCC-200KNA 200kN

    1mV/V
    (2000×10-6ひずみ)±10%

    1%RO -20~+70℃
    KCC-500KNA 500kN
    KCC-1MNA 1MN

    出力極性

    測定値は圧縮力の増加に対してマイナス方向に動きます。

センターホール型荷重計 KCG-NA 200kN

橋梁などのストランド定着部に設置可能な小型で安価なセンターホール型の荷重計(ロードセル)です。

保護等級 IP 67相当

センターホール型荷重計(ロードセル) KCG-NA
特長
  • 小型軽量
  • 高出力、高精度、安価
  • コーティングによる防水、機械的保護
  • 取扱が容易
  • 仕様

    型名 容量 定格出力 非直線性 許容温度範囲
    KCG-200KNA 200kN

    2.25mV/V
    (4500×10-6ひずみ)±10%

    0.5%RO -30~+70℃

    出力極性

    測定値は圧縮力の増加に対してマイナス方向に動きます。