静的計測ソフトウェア

静的計測ソフトウェア TDS-7130v2

本ソフトウェアは、Windows用の静的ひずみ計測ソフトウェアです。多チャンネル自動計測ならではの複数グラフによるビジュアル表現をはじめ、1枚のグラフシートに複数のグラフや数値 モニタ、ラベル、画像の張り付けが可能なので、データやグラフを組み込む報告書作成などに威力を発揮します。 また、オプションで自動計測機能や接点ユニットによるアラーム出力、経過モニタの自動スクロールなど、動態観測や施工管理計測に適した機能を追加した「長期計測・アラーム接点対応 版」を用意しています。
当社製データロガー、T-ZACCS5 TS-560、TDS-630(Ver.1.1C以降)、TDS-540、TDS-150、TDS-602(Ver.1.0G以降)、TDS-601(Ver.1.4A以降)、 TDS-601A、TDS-530(Ver.1.0D以降)、TDS-303(Ver.1.0E以降)、TDS-302(Ver.1.2A以降)、TDS-300、 TDS-102、DRA-30A(静ひずみ測定モード時)、 NIF-100、TC-35N、THS-1100(Ver.1.1A以降)、THS-1000に対応

TDS-7130v2
特長
  • ワイド画面に対応したユーザーインターフェースデザイン
  • 計測回数、最大2000万回、長期間の連続測定に対応
  • インターバル、データコンパレータが8テーブル作成、実行可能
  • 全点および9つのデータリストを作成、処理に合わせデータ出力可能
  • TDS-630の高速モードに対応し0.1秒連続測定が可能
  • 1枚のグラフシートに複数のグラフを表示可能
  • グラフシートにベクトル・矢印モニタを表示可能
  • 画面レイアウトの保存・再現機能
  • システムの構成

    OS/パソコン/インターフェース/プロテクトキー

    system_tds7130v2

     

    OS Microsoft Windows 7(SP1)/8/8.1/10
    パソコン 上記OSが推奨とするスペックを満たし
    かつUSBポートを有する機種(デュアルコア以上)、CDドライブ
    インターフェース LAN 10BASE-T/100BASE-TX
    USB USB2.0
    RS-232C COM1~COM8 
    GP-IB NationalInstruments社製GP-IB
    CONTEC製GP-IBインターフェース※1
    ※1動作確認済み製品:
    PCIバス対応:GP-IB(PCI)F、GP-IB(PCI)FL
    CardBus対応:GP-IB(CB)F、GP-IB(CB)FL
    プロテクトキー USB ドングル

     

    TDS/THS-7120、TOS-7810 登録ユーザ向けのお得なTDS-7130v2乗り換えパッケージを用意しています。

オプション

TDS-7130v2-A 長期計測・アラーム接点対応版

  • 外部警報装置の制御

アラームの発生を、リレー制御ユニットを制御してコンピュータ外部に発信します。
・ PHC-D08/PHC-100 パトライト製パソコン出力リレーユニット 
・ PHN-R パトライト製ネットワークリレー制御ユニット(最大接続台数 3 台)

  • 計測パネルの自動立ち上げ

・ 計測パネルの自動表示 
・ モニタの開始 
・ インターバル測定の開始 
・ アラームパネルの自動表示 
・ アラーム測定の開始 
・ アラームインターバル測定の開始

  • テキストファイルの自動保存

・ 測定時にデータリストのテキストファイルを作成 
・ 10 通りのデータリストから任意に選択 
・ アラーム発生時にアラームの発生状況のテキストファイル作成
・ ファイル形式(テキスト形式/CSV 形式)を選択

  • 経過モニタの追加

経過図を任意に指定した日数または時間単位で作図します。

データメール管理ソフトウェア TDS-Mail

本ソフトウェアは静ひずみ測定器(TDS-150, TC-32K, TC-31K, MD-111,TC-35N)のインターバルタイマー等による測定データを、データメール変換器を用いてメール(データメール)で送信します。それを受信し、収録・アラーム監視を行うソフトウェアです。大規模なサーバーシステムの構築が不要で容易に遠隔監視を実現します。

特長
  • ランニングコストが安い遠隔測定システム
  • 対象地点(測定器)は、5地点をサポート
  • メール受信環境があれば、データ取得可能、複数個所も可能
  • メンテナンスが大変なサーバーの管理が不要
  • アラームメール、データ不在メールを送信
  • Push型メール(DMA-S、ラピキャス プランB使用時)でメール通知のタイムラグが少ない (インターネットやプロバイダの状況により遅延する事があります。)
  • オプション機能で、雨量計測、四則計算、多段式傾斜計 水平変位計測が可能
  • システムの構成

    OS/パソコン/通信環境/プロテクトキー

    OS Microsoft Windows 7(SP1)/8/8.1/10
    パソコン 上記OS環境が推奨、かつデュアルコア以上のCPU、CDドライブ
    HDD容量:8MByte以上の空き容量(セットアップ時)
    Microsoft .NET Framework 4.0:500 MB
    通信環境 インターネットに接続環境メール送受信可能
    プロテクトキー USB ドングル

適用イメージ

点在する測定点に設置した、測定器の測定データを自動的にメールに変換し送信します。 データメール管理ソフトウェアTDS-Mailは受信したメールから測定データを抽出し収録、アラーム監視を行います。

img-tdsmail-01

オプション

傾斜計・雨量オプション対応版 TDS-Mail-F

  • 雨量計測

雨量計測は、転倒ます式雨量計の接点パルス信号を、弊社、ネットワークモジュールNSW-01C または、モニタリングシステムコントローラMD-111内蔵接点入力によりカウントすることで可能にしています。

雨量カウントから、積算雨量、時間雨量、24 時間雨量を算出します。

  • 四則計算

測定チャンネルデータを用いた四則計算が可能

  • 多段式傾斜計-水平変位計測

孔毎に拡張データを作成し、水平変位分布グラフの表示が可能

インターバル計測ソフトウェア Visual LOG Light TDS-700L/TDS-702L

Visual LOG® Light(ビジュアル・ログ®・ライト)は当社製デジタル静ひずみ測定器を使用して、計測・モニタアラーム等を制御するWindows用ソフトウェアです。
インターフェースや計測機器の構成により、直接パソコンと接続するRS-232C/GP-IB用/LAN/USB、データメモリ転送対応と、それぞれ最適にアレンジしてあるため、豊富なアラーム機能とモニタ機能を有しながらも、即現場で使用できるように非常にわかりやすい操作性と高い安定性をもっています。

 

型名 対応測定器 概 要
Visual LOG Light
TDS-700L
TDS-540
TDS-530(Ver.1.0D以降)
TDS-150
TDS-302(Ver.1.2A以降)
TDS-303(Ver.1.0E以降)
TDS-300
TDS-102
TC-32K[シングル・マルチ]
(Ver.1.5A以降)
TC-31K[マルチ]
TC-35N
データロガー設定、計測
RS-232C/GP-IB/USB/LAN
Visual LOG Light
TDS-702L
for MODEM-DM
TDS-530(Ver.1.0D以降)
TDS-303(Ver.1.0E以降)
TDS-302(Ver.1.2A以降)
TDS-150 
TDS-102
TC-32K[マルチ](Ver.1.60以降)
TC-31K[マルチ]
TC-35N
携帯電話、携帯モデムを使って定期的に
データロガーに蓄えられたデータを自動的に収録

 

  • システムの構成

    OS/パソコン/インターフェース

    • パソコン

    OS Microsoft Windows 7(SP1)/8/8.1/10
    パソコン 上記のOSが動作する機種、CDドライブ
    インターフェース LAN:100BASE-TX 以上
    USB:USB2.0

    • プリンタ

    MS-Windowsがサポートする各種プリンタ

    • GP-IBボード

    National Instruments社製 GP-IBボード

    AT機、PC/AT互換機: AT-GPIB/TNT、AT-GPIB/TNT(PnP)、PCMCIA-GPIB*2

    NEC PC98機: NEC-GPIB/TNT、NEC-GPIB/TNT(PnP)、PCMCIA-GPIB*2

     

    *1: Windows、MS-Excelは、米国マイクロソフト社の登録商標です。

    *2: PCMCIA-GPIBをご使用になる場合は、パソコン本体にPCカードスロットがあること。
    またWindows提供のPCカードサービスがセットアップ済みであることをご確認ください。