データロガー TS-960

T-ZACCS9 高速・高精度・高機能データロガー TS-960

“T-ZACCS 9 TS-960”は、高速・高精度・高機能を兼ね備えた、T-ZACCSシリーズ最上位のデータロガーです。小規模な測定から測定点数1000点までの大規模な測定まで、ひずみゲージをはじめとする多彩なセンサが使用でき、本体でも、パソコンからでも、単純な設定から複雑な設定まで、同一のフィーリング、同一のパフォーマンスで測定することが可能です。

T-ZACCS9 TS-960
特長
  • 最大1000点(+測温機能付きゲージ1000チャンネル+拡張CH100チャンネル)
  • 当社独自の高精度・高安定と高速測定を両立する次世代A/D方式により、高精度・高安定で高速な測定を実現
  • 最速0.1秒の高速測定
  • 堅牢な内蔵データメモリとUPS回路により確実にデータを保持
  • 日差±1秒の時計精度で、安定したインターバル測定を実現
  • 「センサID」により、係数・単位・小数点・センサ種別を一括設定
  • 高分解能(0.1×10-6ひずみ)モード搭載
  • ひずみの完全な補正方法(Comet)搭載
  • 多彩なチェック機能、タイマによる自動チェックが可能
  • 待ち時間の軽減によるストレスフリーな操作性
  • 9インチワイド広視野角IPS液晶パネル搭載
  • 日本語・英語表示に対応
  • 各種数値・グラフ表示を、5つのテーブル、4つのフレームで表示できる充実のモニタ機能
  • DVI出力搭載で外部ディスプレイ(当社推奨品)に表示
  • 使いやすさと分かりやすさを意識した画面構成
  • 高い応答性によるストレスフリーな操作性
  • 自動測定(インターバル測定、コンパレータ測定、アラーム、シーケンス測定、サンプリング測定)
  • ロゼット解析をはじめとした各種チャンネル間演算可能な拡張チャンネル機能を搭載
  • MAX(最大値)関数・MIN(最小値)関数・IF(分岐返送)関数が追加
  • LAN、USB、RS-232C インターフェース搭載
  • 仕様

    型名 TS-960
    測定点数 ボックス接続時 最大1000点(測温機能付きゲージ使用時は、最大2000 点)
    ボックス接続
    内蔵測定ユニット
    併用時
    内蔵測定ユニット 10 点(測温機能付きゲージ使用時は、20 点まで可能)
    測定速度 高速モード 0.1 秒
    高精度モード 0.4 秒(50Hz)/0.34 秒(60Hz)
    測定モード イニシャル、ダイレクト、メジャー(温度測定はダイレクトのみ)
    シンプルメジャー

    係数 1.00、単位 センサモードに連動、小数点 センサモードに連動

    補正モード Comet NON/Comet A/Comet B
    モニタ 設定テーブル数 5
    表示フレーム数 0~4
    表示モード 数値、MAX・MIN、グラフ(Y-T)、グラフ(X-Y)、グラフ(BAR)
    表示チャンネル 数値表示、MAX・MIN 表示、グラフ表示(Y-T)、グラフ表示(X-Y)、グラフ表示(BAR)
    測定 手動測定 START キー(タッチパネルSTART ボタン)
    自動測定 インターバル測定、コンパレータ測定、アラーム測定、サンプリング測定、シーケンス測定
    インターフェース LAN、USB、RS-232C
    センサモード ひずみ 1ゲージ法3線式120/240/350Ω、2ゲージ法、2ゲージコモンダミー法、
    4ゲージ法、4ゲージ法高分解能モード、4ゲージ法定電流350Ω、
    4ゲージ法定電流350Ω高分解能モード、4ゲージ法0-2V、
    測温機能付きゲージ120/240/350Ω
    温度 熱電対 T、K、J、B、S、R、E、N
    白金測温抵抗体 Pt100 3W
    電圧 640mV、64V
    拡張チャンネル設定 機能 関数演算およびチャンネル間演算
    チャンネル数 100 チャンネル
    使用可能変数 チャンネル、拡張チャンネル、定数
    演算 四則演算、一般関数、三角関数、ロゼット関数、多段傾斜計関数、論理関数、その他関数
    記録 内蔵メモリ(4Gバイト)、SDカード (当社指定)
    インターフェース LAN、USB、RS-232C
    外形寸法 328(W)×148(H)×200(D)mm
    質量 約5kg
    電源 AC100~240V 50/60Hz 70VA MAX

    システムブロック図